2020年04月30日

”知ろう小児医療 守ろう子ども達の会” ありがとう

本日はこのブログでも何度か登場している、「知ろう小児医療 守ろう子ども達」の解散の日です。

この会とは私が小児救急看護認定看護師取得のための講義で、代表の阿真さんと出会ったことでつながりました。

解散というと何だか「え?どうした?なんかあったの?」と思われがちですが、なんともビックリの積極的な解散でした。
私も解散を知ったのは、今でも鮮明に覚えている、夏の外来小児科学会の発表前に、ひたすた発表の練習を1人でしていたときに、
いきなりのLINEでした・・・。

「会を解散することにしたので」


?????、解散って?え?なくなるの?なんで?今?

でも、その後のやりとりでおめでたい解散ということで阿真さんを思い拍手しました拍手



でも、色々な?????があせあせ(飛び散る汗)

代表の阿真さんは本当にサクサク、バサバサ、颯爽となんでもこなし、こんな発表も阿真さんだからこそあり得るなーーー、またお会いした時に理由とかは聞こうって思っていました。

東京の阿真さんですが、その後も嬉しいことに何度かお会いでき、理由を聞きましたが、
まあ、らしい一言でした。

「目標を達成したから、前向き解散だよ。」とのことに、
「おめでとうございます祝マーク️」としか言葉を返せなかった・・・。


うーーーーん、すごいなあ。もちろん阿真さんのことだから、きっと色々考えて、今までの思いもあるでしょうから、きっとまた次のステップでもご活躍することは間違いないのですが、少し寂しい気持ちと、それ以上に、阿真さんの思いは引き継がれているので、自治体にバトンタッチしたという思いを受けて、私はつなひろで活動を継続しようと思いました。

私がこの会に携われたのは2013年からなので短いですが、会の思いはきちんと引き継ぎたいなあと思う今日の記念日です虹


posted by つなひろ at 10:50| 日記

2020年04月28日

つなひろ 法人化しました!

このたび「つながる ひろがる 子どもの救急」は法人化され一般社団法人となりましたきらきら

何も大きくは変わらず、やりたいこと、やるべきこと、会を作った経緯からの現在の活動は今までのままですにこにこ

では、なんのために?ってことですが、

あまりにもたくさんの人たちに、何度も何度も聞かれたので・・・。

「”つなひろ”って何者なの?ちゃんと法人化したほうがいいよ・・・」
「法人化されたほうが、団体としてきちんと認められると思いますよ。」
「つなひろは、なにもない、ただのつなひろ・・・ってことで良かったですか?NPOとかないんですよね。」

うーーーん、どういうことなんでしょうか。ということで、昨年末から色々と考え、調べ、相談し、質問し・・・を繰り返し、
「一般社団法人」となりました。

国の検討会や委員では特に色々とご指導され、法人化などの話しを聞きました。

私たちの活動の思いは何も変わりませんが、ややお堅い名称にもなりまして、今一度きを引き締めていこうと思いました。

令和2年度は新たなことのもチャレンジしていこうと思います虹

posted by つなひろ at 23:07| 日記

2020年04月22日

かかりつけ医登録って必要?

自粛生活もちょっとずつ慣れ、毎日子どもがお家にいる生活にも馴染んできましたにこにこ

コロナのことはテレビ等でたっくさん報道されているので、ちょっと別のことを。

お子さんのかかりつけ医はありますか?
その決め手はなんでしょうか?

きっと色々ありますよね。

近いから。
予防接種で初めて行って、そのままそこが通い易かったから。
先生が話しやすいから、なんでも聞けるから。
病院の雰囲気が心地よいから。
感染対策がしっかりしているから。

などなど、もっとたくさんあるかもしれません。
つなひろで出会ったママたちにも色々教えてもらいました。

中には、
「〇〇は待ち時間が長いけどしっかり診てくれるから、こじれてそう、心配な時は〇〇、薬だけ欲しい時は△△、とりあえず繋ぎっぽく診てもらいたいときは××・・・あせあせ(飛び散る汗)かなあ・・・。色々使い分けてるよ。」っと。

岡崎市はたくさんの小児科クリニックがあるので、1箇所ずつの距離もそんなに離れていないし。上手な使い方?なのかどうかは別として、私は小児科クリニックで働く看護師として、この××ってところにはなりたくないかなあって素直に感じてしまった。


そして現在の国の流れとしても、かかりつけ医をしっかり持っていきましょうってことになっている。
そのメリットは?
・赤ちゃんの時から子どもや家族をみているので、その子どもや家族にあった医療を提供できる
・普段の子どもを知っていることで、異常を発見しやすい
・信頼関係の築けた中だからこそ適切な相互関係をもって関われる
・地域の感染状況を知っている

などなど、もっともっと色々なことがあるのだろう。

そして私たちをもっと難しくした診療報酬制度の「小児かかりつけ医制度」って・・・あせあせ(飛び散る汗)

ずーーっと、ずーーっと考えてきた。
私の働くクリニックではこうやって考えて4月から開始している。

是非、ママたちの意見も聞きたいなあと。
今はこの自粛生活のなかでお話できませんが、また色々つなひろ講座でお聞きしたいです。

↓  ↓  ↓ (ちょっと画像が暗くてごめんなさい・・・、クリックしてもらうとはっきり見れるよ!
イラストとってもかわいい光るハート、看護師のSさんのオリジナルです。とっても先生も似てるし、よーーく表情も出ていてすごい!大変なことを頼んでしまったけど、ありがとう虹
  
image0.jpeg


ぜひ、みなさんに合う、かかりつけ医を持ちましょう虹

posted by つなひろ at 09:18| 日記