2019年11月29日

小学校でのBLSの授業

昨日は毎年恒例の小学校でのBLS体験の授業でした。

この小学校はもう5年目で、毎年この時期に呼んでいただき5時間目の授業で開催している。

そして毎年、この授業のことを考えながら、「あー、1年経ったなあ。もうすぐ一つ歳もとるんだなあ」ってしみじみ思います。

で、授業の時間、
「あーーーーーー、子どものパワーはすごい!」
「こんなに一生懸命学んでくれて、こんなに積極的に体験してくれて。」

この気持ちをずっと持ち続けて大人になってほしいなあって。
いつも思うのが、子どもでしかできないことがたくさんあると。
子どもの一言は大人が言う一言とは違う受け取れることもある。

今は学校の先生方もBLSは教えることはできるし、別に医療者でなくても教育のプロである先生方の方が上手かもしれない。
でも、「いつもと違う先生が学校に来て、教えてもらった」という時間も子どもにとって少しでもまた学んでみようって思うきっかけになったら嬉しいなあと。

小学生のBLS体験は手技取得よりも動機付けが大切だと思う。
「やってみよう、僕も、私もできるかも!」って思ってもらうことがまずはこの日のゴールとしている。

連日たくさんの力をもらった。ここから3月までは忙しい。頑張って一つづつクリアしていきたいなあ虹


posted by つなひろ at 09:44| 日記