2020年04月15日

「コロナではないですよね・・・」

診察室では時々聞かれること・・・、

「これはコロナとは関係ないですよねにこにこ️」

「咳も鼻もないし、微熱3日目だから、コロナだといけないと思って・・・困り


そうですよね、気になりますよね。でもなかなかこの1点では分からないことが多いですよね。


「主人の会社が家族が発熱してると報告しなくちゃいけなくて・・・。コロナだと出勤できなくなっちゃうし・・・
コロナってことではないですよね。」

「園から、コロナも心配だし、病院で見てもらって、って言われて・・・」


いやーーーー、あおらないでほしい・・・青ざめいや、失言、コロナかどうかの判断してもらうための受診はここでは難しいよ。
もちろん先生が疑わしいと判断されれば、条件が揃えば必要な検査をする流れにもなる。
コロナを含めた今の子どもの状態を判断してもらうことも大切な時も。
ただ通常の診察では、「コロナは陰性です!」って判断はなかなかできない時が多いですよね。

子どもにとっては、コロナ以外の病気を見つけることも大切だから、いつものママたちが思う判断での受診のタイミングが一番正しいと思うよ。


「これくらいならお家でみれるし、今までなら病院にかからないけど、コロナかどうかが心配だから病院に行こうかなあ。」
とか、
「元気だし、今はそんなにひどくないし、お家でいれるけど、診断してもらわないとだめだから病院に行かなきゃ」

ってのはちょっと違うのかなあ。



でも、こうして心配したり、会社や園からこういった要望がでてくるのも非常にわかる。
だってこれだけ毎日毎日報道され、聞かされ続けているもん。

やっぱりコワイし、感染源にもなりたくないし、感染もしたくないし。

だけど、念のための受診ももしかしたら感染のリスクがひそんでいるのかも・・・・。

いつもの子どもをみる力で、
受診したほうがいいって判断した時が受診のタイミングだと思う。

決して受診しなくていいよってことを言いたいのではなく、受診してねってことでもない。
いつもの判断でよいと思う。

”コロナかどうかの判断のためだけの受診”は、時には拍子抜けすることも。

気になることがあったら今の時期はまずは電話で相談することも良いかもしれませんね。

院内ではもちろん、3つの密を避けれるように最大限努力して対応しているが、それでも多数の方が行き交う場所だもんね。

最近こうした受診が続き、「せっかく受診したのに、結局は今は分からないってことですよね。」
とか、
「それならお家にいても良かったですよね、わざわざ来た方が感染のリスクが増えちゃうもんね。」
ってなことを聞いた。

いやいや、そんなことはないですよ、でもそれも一理あるってことですかねっと。
だって、さっきの記事にも書いちゃったけど、「コロナも心配、でも他の病気も子どもにとっては重要だから!」ってことも一緒にママと共有した光るハート

全然混んでいない院内で、久しぶりに走り回る子どもたち、おもちゃで遊ぶ子どもたち、

ママからも「久しぶりのお外です!」ってね。
子どもからは、「えーーー、はやい、もうかえるの?もっといたーいあせあせ(飛び散る汗)

そうだよね、毎日お家で工夫しながら子どもたちと過ごすこと、だんだんお家での遊びネタもなくなってきちゃうよね。


メロディコロナさん、コロナさん、そろそろ落ち着こうよ!♫
って昨日我が娘は歌っていた。
あれ!ストレスでおかしくなってきたか?って思わず笑っちゃいました。
こうして日常生活が送れることに幸せを感じながら、みんなでがんばろう虹






posted by つなひろ at 10:59| 日記